カードローンの完済を効率的に目指すために知りたいこと

カードローンの完済を効率的に目指すために知りたいこと

カードローンを完済したい

カードローンでお金を借りるのはとても簡単です。ATMにカードを入れて希望額を入力するだけで、その場ですぐに現金が引き出せます。欲しいものがあった時、レジャーで使いたい時、支払いに困った時、いつでもカードローンで解決ができます。

 

 

しかし、ついつい使い過ぎてしまって、気づけば限度額いっぱいになってしまったという人もいます。限度額いっぱいまで使った人が取る対策として、限度額の増額や他社での借入れという手段があります。しかし、安易に借入額を増やしてしまうと、今後の返済の負担は益々増えてしまいます。

 

それよりも、増えてしまった借入について、一度完済を目指すのもありだと思います。借入残高が減っていけば、毎月の返済額を減らすのも可能です。もしも完済すれば、返済の義務から解放されます。

 

とはいえ、カードローンの完済というのは、きちんと目標を立てて行わなければ、中々できるものではありません。効率良く完済するにはいくつかのコツがあります。

 

新たな借入れをしない

完済を目指すのであれば、それからのカードローンは返済一択で利用するのが望ましいです。カードローンの返済を毎月行えば、確実に完済に近づきます。しかし、再度借入れをしてしまうと、それまで返済した分が元通りになってしまいます。

 

完済を目指すのであれば、今のカードローンは返済専用だと割り切って、新たな借入れをしないようにしましょう。

 

借入れができないのは辛いかもしれませんが、残高が減っていくのを見るのが楽しみになってくれば、完済へのモチベーションも上がっていきます。

 

返済をしてお金がなくなったからと繰り返し借りるようなことは避けるべきです。それではいつまで経っても返済が終わらなくなってしまうので、借りることよりも返すことを優先して考えるようにしてください。

 

随時返済を行っていく

カードローンの借入残高がなかなか減らない理由の1つが、毎月の返済額です。消費者金融などのカードローンでは、毎月の返済額は少なめに設定されています。返済額が少なければ負担は少なく見えますが、それだけ返済期間が長引くというデメリットもあります。

 

そして、返済期間が長ければ長い程、最終的に支払う利息が大きくなります。そして返済額が少なければ、支払ったお金の大部分が利息に消えてしまうのです。

 

カードローンの返済は、約定返済という決まった金額の返済だけでなく、いつでも追加での返済が可能です。約定返済とは別に、好きな時に好きな金額を返済するのを随時返済といいますが、随時返済で払ったお金は丸々元金に充てられます。

 

早期完済を目指すのであれば、随時返済で積極的に返済を行っていきましょう。例えば毎月4,000円の返済を8,000円に上げてもいいですし、ボーナスなどの臨時収入が入った時には、それを随時返済に充ててしまうと、完済までの期間はグッと短くなります。

 

低金利な所に借り換える

新たな借入れをストップし、随時返済で大目に返済していけば、早期完済も可能です。どちらの対策も、自分の我慢や努力があってこそ成り立つものです。完済を目指すのであれば、相応の覚悟と努力が必要です。

 

しかし、もっと効率よく完済する方法というのも存在します。それがカードローンの借り換えです。現在借りているカードローンよりも低金利な所に借り換えてしまえば、かかる利息を減らせます。特に、金利の高い消費者金融で借入れしている人は、銀行系のカードローンへの借り換えをするだけで、完済までの支払い総額が大幅に抑えられる可能性があります。

 

借り換えの良い所は、自分が我慢や努力をしなくても、完済までの労力を減らせる点にあります。最初の手続きの手間はかかりますが、その後は毎月の返済額が同じであっても早く完済できるようになります。

 

特に、現在1社ではなく、複数のカードローンを所持している場合、1か所にまとめられれば返済の手間も金利も大幅に減らせる可能性があります。

 

1社にまとめる借り方は比較や検討が重要であるため、各利用先の基本情報をしっかりと比較するようにしてください。その結果で自分が納得できる利用先があれば、低負担での返済を進めるためのおまとめローンの利用を進めると良いでしょう。